コンクリ魂

コンクリート住宅に関する情報が満載!

トップページ  ∥   リフォーム  ∥   エアコン  ∥   地震  ∥   耐用年数  ∥   お問合せ  ∥  

コンクリート住宅におけるエアコン使用のポイントとは

コンクリート住宅は極めて気密性が高いことから、エアコンの運転効率は高いものとなります。
広い空間であっても室内の空調を維持することが無理なく行えるものとなります。
そのために、エアコンの設置位置は部屋に合ったところに設定することは必要です、例えば天井の高いリビングや吹き抜けにした部屋に設置する場合、その天井の高さに合わせてエアコンも少し高めの位置に設置しておくことが必要となります。
あまりに低い位置では冬場の暖房の熱が上部にまで行き届かなくなる場合があるので、不必要に強力な運転を行う場合があります。
逆に高さが高すぎると、今度は夏場の冷房が下の方まで届かなくなることにもなります。
いずれにしても、電気代がかなり高くなってしまうので負担が大きくなってしまいます。
設置の際には家電ショップに調べてもらった上で、最適となる位置に取り付けてもらうことが必要となります。
それによって快適な生活ができるようになるわけです。

エアコンの効率を高めるコンクリート住宅について

コンクリート住宅は極めて機密性が高いことからエアコンの運転効率が高まる利点があります。
その結果、電気代を安く抑えることになり省エネにもつながることになります。
ただし一点だけ注意が必要なことは、コンクリートは外気の影響を受けることにより、内部に結露を起こして劣化していくことです。
そして多くの住宅は内断熱を採用しているために躯体であるコンクリートは外気の影響を受けやすくなります。
さらに鉄筋コンクリートの場合には、内部の鉄筋が錆びることによって強度も落ちることにつながります。
そこで外壁塗装によって断熱性を高めることが必要となってきます。
それによってコンクリートは劣化しにくくなると同時に、室内はより断熱性が高まることになります。
つまりエアコンもさらに運転効率が向上するようになるわけです。
そのような理由により、コンクリート住宅では外壁塗装のメンテナンスをしっかり行うことによって、建物は長持ちすると共にエアコンも効果的に使用できるようになります。

2017/4/10 更新

Copyright(C) 2015 コンクリ魂.com All rights reserved.